読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんたのゲームブログ

『ぽんたが携帯電話をいじくってみる』を書いている山田ぽんたのゲームブログですん

【白猫プロジェクト】アルカとナンシーの物語はクサすぎて涙がちょちょぎれる

白猫プロジェクト 白猫プロジェクト-イベント

こんにちは!

白猫プロジェクトのクリスマスイベントHolly Night Story』ですが、皆様は進めてらっしゃいますか?先日お伝えしましたが協力イベントが始まってますので友情覚醒とモチーフの最大強化は可能となってます。 

しかしこの話はほんとにいい話でした。ベッタベタのお話なんですけど、絵本を模したイベントエリアや世間のクリスマスムードも相まってもう涙無しには紙芝居を見られません

f:id:pompomponta:20151130184415j:plain

昨日ぼくは2人の友情覚醒とモチーフの最大強化を済ませたんですけど、2人の思い出を見るとこの2人のキャラクターのファンになっちゃいますね(笑)

まぁこのイベントの感想はここまでにして、実際に2人を強化した場合どのくらいのステータスになるのか?所詮配布キャラなのか?その辺りをお伝えしたいと思います。

意外と使えるアルカとナンシー

結論としてはスキルとパーティの組み合わせ次第では意外と使えるキャラです。思い入れも入れるともうめっちゃ使えます。ってか使いましょう(笑)

まずは2人をレベル100にした時のステータスとスキルをご覧ください。

最初はアルカから。

f:id:pompomponta:20151206012401j:plain

f:id:pompomponta:20151206012410j:plain

お次はナンシーです。

f:id:pompomponta:20151206012504j:plain

f:id:pompomponta:20151206012509j:plain

ステータスだけ見るとどちらもうーんってかんじなんですけど、オートスキルが結構強力なんですよ。

  • チャージ(精神統一)時アクションスキル強化100%
  • 攻撃速度+30%
  • パーティのヒーロータイプ数×攻15%強化

となっているんですけど、2人をパーティに入れているとそれだけでお互いに攻撃が30%アップするってことなんですよ。しかも攻撃速度+30%ってもうほとんど武闘家並の速度で攻撃できます。

ただ、悲しいことにアクションスキルが強化前提の威力なんでそこまでどちらも強くないんですよね。低燃費なのはすごくいいんですけど。

それぞれの4凸時のステータス

今度はどちらも4凸した時のステータスを見てみましょう。

f:id:pompomponta:20151206013030j:plain

f:id:pompomponta:20151206013040j:plain

タウン補正もありますけど一気に数値上は使えるかんじになってませんか?そこはやはり配布キャラとはいえ☆4は伊達じゃない上昇量です。もっとぼくのタウン強化ができてればさらに強いんですからね。

さらにモチーフも最大強化してみた

モチーフを最大強化して持たせてみました。

f:id:pompomponta:20151206013304j:plain

f:id:pompomponta:20151206013309j:plain

おお!かなり強いですよこれ!

さらにモチーフ武器のオートスキルがちょっと笑わせてくれます。

こちらがアルカで、

f:id:pompomponta:20151206013942j:plain

こちらがナンシーです。

f:id:pompomponta:20151206013949j:plain

スロウと凍結の無効はいいんです。攻撃速度+5%って…さらに速くするってのはすごい!

どちらの武器も見た目カッコいいし、他のキャラに持たせてもいいかもしれないですね。もちろんアクセサリーはあるあるの指輪で(笑)

アルカとナンシーの評価

ダグラスやセオリ並…とまではいきませんが、この強さだったら充分に活躍してくれるんじゃないでしょうか?こんな強キャラを2人くれるってのはいいですね。しかも育てるのはめっちゃ簡単ですし。

そう考えると今回のイベントはさすがクリスマスって感じです。

最後に2人の友情覚醒画像を

もうね、この2枚の画像に今回のイベントのストーリーが詰まっていると言っても過言ではないんです。

まずはアルカから。

f:id:pompomponta:20151206014719j:plain

お次はナンシーです。

f:id:pompomponta:20151206014742j:plain

クサイ!クサすぎる!だけど心からよかったねって言えるそんな思い出です。

イベントのストーリーで言えばぼくはこれまでで1番好きですね。

ではでは